話し方教室ヴォート

BLOG/COLUMN

スタッフブログ/コラム

2018年11月13日

【話し方】新郎必見!結婚式を締めくくる"謝辞"

8fad199464828e941bdaaea6b0d7e99d_s.jpg

?はじめに

披露宴を締めくくりに、みんなへ感謝を伝える「謝辞」。新郎にとっては大舞台!!この謝辞によって会場の雰囲気ががらりと変わります。涙の感動や、面白く場を和ませたり、新郎の腕に掛かっているといっても過言ではありません。今回は「謝辞」にスポットを当てて、しっかりと感謝の気持ちを伝えるスピーチに役立てましょう!

 

  • ■文章の基本的な構成

謝辞は一般的に「導入」「展開」「結び」で構成をします。伝えたいことをきちんとまとめておくことが必要です。

 

(1)「導入」

導入の部分では列席者の皆様へ「感謝やお礼」の気持ちを伝えます。

・本日は、私たちの結婚式にお集まりいただきましたこと、本当に感謝しております。

・皆様、本日はご多用のところ、私たち二人のためにご出席いただきありがとうございます。

・本日は、お忙しい中、私たちの結婚式にお越しいただき、誠にありがとうございます。

 

上記は導入の基本的な例文になりますが、

・本日は、お足元の悪い中、

・今日は、遠方よりお越しいただき、

といった列席者の事情に合わせて必要な言葉を添えても良いと思います。

 

(2)「展開」

中盤の展開のでは「お二人らしさ」を伝える部分です。二人の出会いや今日までの思い出のエピソード、両親や列席者への感謝や報告を伝えましょう。

 

【思い出のエピソードを語る例文】

私たちは、共通の友人を通じて出会ってすぐに意気投合し、週末は様々なところへ出かけました。一緒に旅行をすると、その人の人間性がよくわかるといいますが、本当にその通りで、沢山喧嘩もしましたが、おかげで私たちは何でも本音で話し合える仲になりました。

 

【これからの決意例文】

今日のこの思いを忘れず、どんな時も共に歩んでいきたいと思います。

 

【婚姻届提出の報告例文】

今日に先立ち、先月〇月〇日に、婚姻届を提出してまいりました。

 

【授かり婚の報告例文】

また、〇月には、新しい家族が増える予定です。性別はまだわかりませんが、父になる、母になるという幸せを感じるとともに、改めて両家両親への感謝を感じています。

 

 

【新婦両親への感謝を伝える例文】

〇〇さんのお父さん、お母さん、これから私が〇〇さんを大切にし、二人で暖かい家庭を築いていきます。お父さん、お母さんのような家庭を築くのが私たち夫婦の理想です。

 

【自分の両親へ感謝を伝える例文】

お父さん、お母さん、今日まで育ててくれてありがとう。いつも私を信じて支えてくれたことが、私の一番の自信になりました。こころから感謝しています。これからもよろしくお願いします。

 

(3)「結び」

最後の結びの部分では、今日参列者の皆様へ改めてお礼を伝えるとともに、これからの自分たちの決意や思いを伝えます。最後の締めの部分になるのでしっかり正面を向いて、皆様の顔を見て、真摯な気持ちが伝わるように挨拶をしましょう。

 

・まだまだ未熟な私たちです。これからも、どうぞご指導ご鞭撻の程、宜しくお願いいたします。最後になりましたが、皆様のご健康とご多幸をお祈りいたしまして、私たちのお礼のご挨拶とさせていただきます。本日は、誠にありがとうございました。

 

上記の他に感謝の思いを最後にもう一度協調、両家の挨拶というニュアンスを強く伝える、謝辞・余興・会場スタッフへの感謝を伝えるのも良いでしょう。

 

  • ■謝辞の長さに注意!原稿は声に出して練習を

 

  • (1)文字数は400?1000文字、時間は1分?3分程度

謝辞の長さは時間にして1分?3分程になります。わかりやすくハッキリと話すことを意識した場合、1分間に話す文字数は約300文字前後。

 

 

  • (2)暗記ができなければ、カンペを用意してOK

考えた謝辞を覚えておく自信がない場合には、あらかじめカンペを用意しておいても問題ありません。内容を忘れてしまっては台無しになってしまいます。何も見ずにスピーチをしたい方は、覚える努力はしておき、保険としてカンペを用意しておくと良いでしょう。

 

  • 両親への感謝を伝え、感動的な謝辞にしたい方への文例

 

(文例)

皆様、本日はお忙しい中、私たちの結婚披露宴におこし頂きましてありがとうございました。また、ご来賓の皆様をはじめご列席の皆様より温かいお祝いのお言葉を頂き、大変感激しております。本当にありがとうございました。〇〇さんのお父さん、お母さん。

僕が結婚挨拶に伺ったとき、お父さんは終始厳しい顔をされていましたね。正直僕は怖かったのですが、お父さんが大事に〇〇さんのことを慈しんで育ててきたことがすごくよく分かりました。

これからは僕がお父さんの代わりに〇〇さんを守っていきます。そしてもし、僕たちに娘が生まれ、いつの日か結婚したい人を連れてきたときには、きっと僕もお父さんと同じ態度をとると思います。〇〇さんのお母さん、〇〇さんの作ってくれるご飯はとてもおいしいです。お母さんがいつも美味しいごはんをつくってくださっているおかげだと思います。ありがとうございます。おやじ、おふくろ、今まで育ててくれてありがとう。中学生のころはグレたりして心配かけましたが、こんな僕でも、こんな良いお嫁さんをもらえました。未熟者の私たちですがお互いに助け合いながら、私たちなりの「わが家」を築いていきたいと思います。どうかこれからも今まで以上にご指導ご支援のほど宜しくお願い申し上げます。本日は誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

  • ■ユニークな謝辞をしたい方への文例

 

(文例)

本日は、5月の連休中にもかかわらず、北は北海道から南は九州まで、たくさんのみなさまにご出席いただき、本当にありがとうございます。

また、たくさんのお祝の言葉をいただいて感謝の気持ちでいっぱいです。

今日は、僕らにとって最高の一日となりました。僕たち2人は○月○日、□□区役所に婚姻届けを提出して無事受理され、晴れて夫婦となりました。これから先、夫婦喧嘩をすることもあると思いますが、そんな時は、みんなに囲まれて花びらの中を腕を組んで〇〇さんと歩いたり、ケーキを食べさせ合ったりした今日のこの日を思い出していきたいと思います。爺さん婆さんになっても、そんな事が出来るような仲良しの夫婦でいたいと思います。こんな僕たちにこれからも励ましや厳しい言葉をどうぞよろしくお願いします。本日は誠にありがとうございました。

 

?終わりに

いかがでしたでしょうか?基本的なマナーや形式はありますが、謝辞はしっかり感謝を伝えるという場なのですね。日頃伝えられない感謝や思いを言葉にして伝える。とても大切なことです。謝辞をする機会がある方は是非参考にしていただき役立ててください。

 

歌のボイストレーニングはこちら

これまで、数多くのプロのミュージシャンを輩出し続けてきたVOAT は、息の流れを教えることや、響きのある声にすることはお手の物です。VOAT 話し方教室はレッスン時間の中に腹式呼吸、発声練習を取り入れて「声」そのものに、伝わるための声の響き、息の流れを感じながら話すレッスンをしていきます。実際にその発声練習のおかげで受講生のみなさまからも大変喜ばれています。声を良くすることのプロフェッショナルVOATならではのノウハウで「良い声」が作れます。レッスンはマンツーマンレッスンですから他の人を気にすることなくレッスンができます。レッスン時間はフリータイム制ですから、好きな日の好きな時間で、「良い声と話し方」にすることができます。月々のレッスン回数はバリエーションから選択できますし、その月に受けられなかったレッスンは翌月以降に繰り越しができるので、レッスンが無駄になることはありません。レッスン料は月謝制なので安心です。無料体験レッスンを行っていますので、声にお悩みのかたはぜひ一度お越しください。お気軽にお申し込みください!