話し方教室ヴォート

BLOG/COLUMN

スタッフブログ/コラム

2020年08月18日

話しかけるのが苦手なんです・・・上手に話しかけるコツを知ろう|話し方教室VOAT

1107379_s.jpg

はじめに

このコラムを見ている方、人に話しかけるのが苦手だなぁとか、もっと上手に話しかけられることができたらと思って見ていることでしょう。そんな方に今回はコツをお教えします。是非このコラムを役立てて頂ければと思います。

■ 話しかけて失敗したらどうしよう。失敗したと思い込んでしまう

内気な人、人見知りが激しい人というのは自分から話しかけるのが苦手ということが多いです。ではなぜ人に話しかけることが難しいのでしょうか?

●相手の反応が気になる
●何を話せばよいかわからない

 主に上記の理由が挙げられると思います。相手にどう思われるのだろう、どんな言葉が返ってくるのだろう、どういった言葉をかけて良いかわからないなど、普段こういったことを思っている方は緊張や性格などが災いしていると言えます。こういった思い込みから躊躇してしまったり、予想外な言葉が返ってくると失敗した、言わなければよかったと思ってしまうのです。性格も関わってくるのですぐには改善が難しいかもしれませんが少しずつゆっくり直していきましょう!

■ 相手の反応が気になる

やはり相手と会話をしていると反応は気になるものです。
良く言えばそれだけ相手に思いやりのある繊細な良い部分があるということです。ですが、気にし過ぎるとどうでしょうか?そればかり考えてなかなかコミュニケーションが取りづらくなってしまいますよね。もっと力を抜いて一歩踏み出してみましょう。
コツとして日々の習慣でより多くの人と会話をすること。やはり自信がないと不安になります。こう言って、こう返って来たらどうしようなど、そういったコミュニケーション経験が少ないのでまずはたくさんの人と話す習慣を少しでも意識していきましょう。このコラムを読んでいる方は改善したいから読んでいる方が多いと思います。まずは少しでも多くの人と会話を増やして自分に自信を付けることで意識が変化していくでしょう。

■ 何を話せば良いか分からない

よくこういったことに陥る方は少なくはないでしょう。これは単純に話しかけるための話題が見つからないというケースです。普段の生活や社会人生活を送っていると周囲に話しかけてみたいという人が何人かはいると思います。
このような時にいざ自分から話しかけようとしても「何を話せばよいのだろう?」と考え込んでしまう人は少なくありません。相手が初対面でどのような性格なのかが把握できていないケースなどではなおさらそう感じるはずです。

基本的にコミュニケーションが苦手な方は一人の人間と関係を深めるのも苦労します。したがって気になる相手に話しかけたくても最初の一歩目で躓くことが多いです。「どのような話題が好きなのだろう?」と考えても良い案が思いつかないため、結局最後まで話しかけられないままとなってしまうのです。

■ 共通の話題を見つける

人は共通の話題を持ち出されると会話が弾みやすいです。例えばですが仕事のことを話題にしても、その仕事をしてない人にはわからないことばかりです。しかし、同じ職場で同じ業務を行っている人であれば話の内容も理解することができます。
「〇〇さん、ジム通っていますよね?僕も通っているのですが週何回通っていますか?」
「うん、週2回程だよ、〇〇君はどのくらい?」
といったように共通の話題を持ち出すことで、会話が弾む可能性は高くなります。
これは社会人だけではなく普段生活を送っている学生にも使える方法ですので、積極的に試してみることを推奨します。ただ仕事や学校の話だけだと「つまらない」と思われることもありますので注意が必要です。
相手が興味ありそうな共通な話題を見つけるようにしましょう。

■ 会話上手は質問上手

「会話上手の方は質問上手」という言葉を良く耳にします。これは会話が上手な方は自分のことばかりではなく、相手のことも気遣った会話ができるということです。
人間関係を深めていく上で自分のことばかり話す人は相手に「ちょっとうんざり・面白くない」という感情を抱かせてしまう可能性が非常に高いです。したがって会話の中に質問を適度に入れることが大切になります。
「〇〇さん、今週休みはいつですか?」と質問を振れば相手も「今週は水曜日だよ」などと質問に対する答えを返してくれます。またこの質問をきっかけにして会話を弾ませることも可能です。

一例としては「休みの日は何をしますか?」「最近美味しいラーメン屋さんを見つけたから食べに行こうと思って」などがありますね。
質問をすることで相手の好きなことや興味のあることを知ることができますし、共通の話題を見つけることも可能です。
また質問の内容ですが相手のことだけではなく、自分のわからないことを聞いてももちろんOKです。例えばですが「〇〇さん、先日〇〇さんからこんな相談があったんですけどどう対応すればよいですか?」と質問すれば、相手もわかる範囲で教えてくれるでしょう。
特に年上の上司や先輩であれば仕事の経験値は豊富ですから、自身が体験したことなどを話してくれることもあるでしょう。
そこから仲良くなることもありますので、質問というのは人間関係を構築する上では有効な方法となります。質問をする時の注意点ですが「質問攻め」にならないことです。質問攻めになると相手も疲れてしまいますので、時折質問に対する感想を述べたり、自分のことを話すなど会話に変化を付けることを意識しましょう。

おわりに

如何でしたでしょうか?いきなり上手に話しかけるコツと言ってもすぐ身に付くことではありません。是非このコラムを参考に少しずつ会話の幅を広げることに挑戦していって下さい。失敗を恐れず多くの会話をしていくことにチャレンジしていってくださいね。
VOAT話し方教室であなたの声が劇的にかわる

体験レッスンをご希望される方へ

体験レッスンは随時行っております。

まったく初めての方でも、お電話で予約してから、ぜひお気軽にご来校して下さい。
レッスンで特別必要な物はありません。
体験レッスン料は「無料」ですが、お1人さま1回とさせて頂いております。

体験レッスンのお申し込みはこちら

体験レッスンの流れ

体験レッスンがよくイメージしていただけると思いますので、参考にしてください。

1.レッスン前に、
かんたんなアンケート (3、4分)

レッスンを受ける目的や、声のどんなところをどう改善したいかなど、アンケート用紙に記入していただき、レッスンの参考にさせていただきます。

2.レッスンを体験しましょう (30分)

『対面式』または『スタジオリンク』、『オンライン』を選べます。
選んだレッスン方法でマンツーマンのレッスンを受けていただきます。アンケートに沿ってここでのレッスン内容、課題を一緒に話し合いながら行います。

3.スクールの説明と
ご相談に応じます (15〜20分)

スタッフがスクールのご説明、ご質問やご相談に対応させていただきます。ホームページやパンフレットを見ても分からなかったことや、疑問があれば、どんなことでも結構ですのでお気軽にご相談ください。 オンラインの場合は引き続きzoomでご説明します。

4.「声」が良くなるレッスンがスタート!

すべてに納得してスッキリしました!さっそくレッスンを始めます!

歌のボイストレーニングはこちら

これまで、数多くのプロのミュージシャンを輩出し続けてきたVOAT は、息の流れを教えることや、響きのある声にすることはお手の物です。VOAT話し方教室はレッスン時間の中に腹式呼吸、発声練習を取り入れて「声」そのものに、伝わるための声の響き、息の流れを感じながら話すレッスンをしていきます。実際にその発声練習のおかげで受講生のみなさまからも大変喜ばれています。声を良くすることのプロフェッショナルVOATならではのノウハウで「良い声」が作れます。話し方教室ではマンツーマンレッスンですから他の人を気にすることなくレッスンができます。レッスン時間はフリータイム制ですから、好きな日の好きな時間で、「良い声と話し方」にすることができます。月々のレッスン回数はバリエーションから選択できますし、その月に受けられなかったレッスンは翌月以降に繰り越しができるので、レッスンが無駄になることはありません。レッスン料は月謝制なので安心です。無料体験レッスンを行っていますので、声にお悩みのかたはぜひ一度話し方教室VOATにお越しください。そんなVOATの話し方教室が、ついにオンラインでのレッスンもスタートしました!遠方の方や自宅でレッスンを受けたい方も大歓迎です。お気軽にお申し込みください!